心を満たしてもらいたいセフレの話

「おい、土下座しろ」と、
急に言われたら、あなたは土下座しますか?
(相手が怖い人ではないという前提で・・・)

 

しないですよね?

 

「おい、俺のセフレになれ」

 

っと、女の子に言って、
セフレになると思いますか?

 

なるわけがないですよね。

 

セフレになる女の子は、
なんらかのメリットを感じで
セフレになっているんです。

今回は、セフレになる女の子の
心を満たされたいタイプについて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

「心を満たされたい」女の子

「心を満たされたい」というのは、
自分を受けて入れてもらえたい女の子のことです。

 

男の場合は、セックスしたいというのが一番だとしても、
女の子の場合はそうではありません。

男が射精することに重きを置いているとおもいますが、
心を満たされたいと感じている女の子は、たくさんいます。

 

心を満たしてあげた、お礼にセックスさせてもらう。

 

なんなら、セックスで更に心を満たしてあげる。

 

そんな関係が成立すれば、
セフレの関係も成り立ちます。

 

お互いに、満たされるわけですから。

 

聞くことに専念しましょう。

女の子が、受け入れてくれると感じてもらうために
一番良いと思う方法は・・・

 

聞くことです。

 

黙って、聞くことです。

 

もちろん、相槌などは、ちゃんとして、
聞いているよという姿勢を見せてください。

話を聞いてくれる存在がいるというのだけも
女の子にとっては、嬉しいもののようです。

 

女子同士の会話でも、
自分の話ばかりで、相手の話を全然聞かない人もいます。

異性だと、もっと少ないでしょうから、
ただ聞くだけでも貴重な存在になれるでしょう。

 

間違っても自慢話ばかりしてはいけません。

 

女の子は、どうやって帰ろうかばかり考えてしまいます。

解決策はいりません。

自慢話と同じで、
上から目線の解決策もいりません。

 

女の子が欲しいのは、「同調」、「共感」です。

 

ダメ出しされるために、会いにきているのではありません。

 

ちょっと、気持ちの良い時間をすごして帰りたいのです。

自分の話を聞いてくれたから、
エッチしてもいいかと思ってもらえるように、
ただ、聞いて欲しいんです。

 

専門家でもない人の意見などに、
なんの価値もないんです。

 

相手の気持ちを吐き出させることに集中するんです。

 

出会い系でも使えるテクニックです。

単に聞くという戦略は、
会っているときだけではなく、
出会い系でも使えるテクニックです。

 

メッセージのやり取りがはじまったら、
否定せずに、聞いてあげる。

そうすると、受け入れられている感じがするのでしょう。

 

相手を肯定してあげることで、
好感度を上げるんです。

 

なぜなら、ほとんどの男性は、
「セックスさせろ」しか言わないわけです。

直接的に、セックスさせろとは言わなくても、

いつなら会える?
食事だけでも
デートしよう

こういった文言は、
女の子的には、セックスさせろと言っているのと変わりありません。

 

出会い系の中でも、オススメは「PCMAX」
遊び目的で使っている女の子が多いです。

このテクニックを試してみたはいかがでしょうか?

おすすめの記事