出会い系とセフレと性病

出会い系でセフレを探す場合に、
やっぱりきになるのが性病。

今回は、出会い系とセフレと性病のことについて書きます。

出会い系の初心者は感染リスクが低い

僕の場合だと、セフレを探す場合に
出会い系を使っているんです。

 

出会い系の中には、セックス相手を探して、
うろうろしている女の子がいます。

そういった女の子は、不特定多数とセックスしています。

そうなると、性病を持っている確率が高いですよね。

 

出会い系サイトには、新しく登録した人がわかるようになっています。

オススメの「PCMAX」であれば、こんなかんじです。

 

 

 

 

 

 

 

「New」マークは、1週間以内
「初心者」マークは、30日以内

新しく登録した人が、性病を持っていないと
断定できるわけではないですが、
確率的に低いと思われます。

 

セフレは、身内で回る可能性がある

 

 

 

 

 

 

お互いにセフレという認識で付き合っているとします。

でも、セフレも持つ人って、ひとりじゃない場合が多い。

 

なので・・・

  1. 僕のセフレが、僕意外とセックスする
  2. その相手から、性病をもらう
  3. 僕とセックスして、うつされる

 

という風に、玉突きで感染が広まる可能性があります。

玉突いて、玉突きで・・・シャレじゃないですw

 

こうならないためには、一途なセフレがおすすめです。

 

セックス目的でない人をセフレにするといい

出会い系では、セックス目的ではなく、
なんとなく寂しいから利用している人もいます。

そういう子は、セックス目的というわけではありません。

 

なんとなく、楽しい時間を過ごして、
その延長で、セックスして、心地よい時間を過ごしたい。

そのぐらいの感覚の子がたくさんいます。

 

そういう女の子は、セックスだけする相手を探していません。

なので、セフレが何人もいるということもありません。

 

また、他の人に出会い系で、会っても、
楽しませてくれないので、セックスまでいかない。

ということを話してくれる子もいます。

 

そういうタイプの子であれば、
性病を持っている可能性も低いでしょう。

 

生は、リスクが高い

とにかく、生は避けるのが一番の予防だと思います。

 

「淋菌性尿道炎」や「クラミジア性尿道炎」は、
フェラやクンニ、ディープキッスでも感染します。

なので、ゴムを着けたとしても、
感染を完全に予防できるわけではないです。

 

ただ、危険度で言えば、
生での挿入なんです。

 

目に見えないような、小さなキズからでも、
感染してしまいます。

 

ゴムを着けてすることは、
性病を防ぐのはもちろん、
妊娠するリスクを下げられるので、
無用なトラブルに巻き込まれる可能性を下げてくれます。

 

もし、性病かなって、おもったらコチラのサイトが参考になります。

 

性病は怖いですが、セックスもやめられません。

セフレを探すなら、オススメは「PCMAX」
遊び目的で使っている女の子が多いです。

おすすめの記事